2011年04月22日

過去4時間以内に酒田五法の下げ三法らしき兆候が伺えます。

昨日はオープンからポンド円相場は133.216円の値をつけており、売り時の感がありました。


下限は一目均衡表の厚いクモや短期移動平均線が抵抗線として働いています。


日足のローソクチャートから考慮すると、明らかな下落気味が少し続いた後、前の終値近辺で落ち着いた出会い線で、過去4時間以内に酒田五法の下げ三法らしき兆候が伺えます。


移動平均で様子を見てみると下降トレンド状態です。


長期平均より短期平均が上部で維持しており、どちらの移動平均線ともに上げ基調です。


過去の成績から考慮すると、オーダーすべきかどうか心配になります。


ボリンジャーバンドは-3σ圏近辺で推移して、短期移動平均線がレジスタンスとして推移したので、一時的に底堅い状況を認識できたと思います。


こういうチャートはあれやこれや迷わずオーダーをしてみようと思います。


ローソク足が陽転したことで、中期ボックス相場の下限が見えてきます。


とりあえずマイナスにならないうちにタイミングを見計らって決済しようと思います。


DMM FXの評判:辛口レビュー
【DMM FX】外出先でも高機能取引アプリでFX取引
http://www.dendou.jp/fx/dmm/

posted by ドッチー at 04:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。