2011年04月18日

50日移動平均線は上げ基調です。

前の取引はマーケットインからユーロは114.866円の値をつけており、売り有利の相場となりました。


少し前に新値足がデッドクロスしたことで支持線を突破できるか要注意です。


30分足のローソク足から予測すると、緩やかな上げ気味が続いてから、交互に並ぶ大きい陽線と大陰線の高値が揃った毛抜き天井で、過去5時間中にに酒田五法で言うところのヘッドアンドショルダーに見えなくもないひげがあります。


移動平均線で傾向を見てみるとはっきりと下げ状態と見受けられます。


50日移動平均線より10日平均が下部で移動していて、10日平均は下降傾向で、50日移動平均線は上げ基調です。


先週の成績から考えると、こういうチャートは勢いでエントリーをして大丈夫だろうと思います。


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏で移動して、長期移動平均線がサポートラインとして移動したので、上値の重さを確認できました。


こういうチャートは勢いでエントリーをして大丈夫だろうと思います。


ひきつづき、一目均衡表の分厚いクモを支持線に低い価格帯で移動していますが、終値が陰転したことで、長いボックス相場の高値が見えてきます。


前の取引のユーロは非常に勢いが乏しいので今週は難しい展開になりそうです。


FX比較
【FX比較なら】あなたに合った口座をFX比較して探す!
http://www.fxh.jp/

posted by ドッチー at 04:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。