2010年04月29日

デッドクロスしてから出たローソク足の始値が絶好のタイミングです。

前回の取引のマーケットインのユーロ/円相場は124.48円の売り価格で、多少ショート有利の展開となりました。


5分足のローソク足だと、緩やかな下降気味が少し続いた後、安値が揃った毛抜き底で、過去4時間前までに酒田五法の三空叩き込みの傾向があります。


少し前にローソク足が陽転したことでレジスタンスラインを割り込むかどうか注目です。


新値足がゴールデンクロスしたことで、短いレンジ相場の下限が見えてきます。


移動平均線から予測してみると明らかな下降相場にあります。


長期移動平均線より5日平均線が下で推移しており、どちらの移動平均線ともに下落傾向です。


先週の結果を思うと、売買すべきかどうか心配になります


スローストキャスでは、50%より下でデッドクロスしているので、デッドクロスしてから出たローソク足の始値が絶好のタイミングです。


とりあえず強気で売買で大丈夫だろうと。


相場の管理だけはきちっとやって、FX会社にロスカットされないように建て玉を保っていきます。


posted by ドッチー at 15:34| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。