2011年03月30日

20SMAの底のためにトレンドが消えた感があると思います。

前回の取引のマーケットインはEUR/JPYが115.203円まで上昇し、その後は114.564円まで売られ、明けの明星を示して判断しづらいチャートを形成しました。


あいかわらず、短期移動平均をレジスタンスラインに高い価格帯で推移していましたが、再び終値が陽転したことでレジスタンスラインを下回るか注意が必要です。


30分足のローソクチャートから考えてみると、激しい下落傾向が少し続いてから、大きい陰線の後に小さな陽線が収束するはらみ線で、過去3時間の中に下げ三法のような傾向が見えます。


移動平均で兆候を見てみると激しい上げ相場といえます。


30日移動平均線より10日平均が下部で移動していて、どちらの移動平均線とも下げ基調です。


昨日までの経緯を判断すると、取引した方が良いかどうか迷います。


ボリンジャーバンドは-1σ圏辺りに下落したので、20SMAの底のためにトレンドが消えた感があると思います。


とりあえずあれこれ考えず取引をしてみようと思います。


前回の取引のEUR/JPYはかなり方向感がないので今月は難しい相場になりそうです。


FXの殿堂 | おすすめのFX口座開設を比較
【FXなら】FXの口座開設を徹底比較
http://www.dendou.jp/fx/

posted by ドッチー at 04:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。