2011年03月01日

どちらの平均線ともにはっきりとした上げ基調です。

朝の取引のエントリーはユーロ/円が安値円まで下落し、少し買い時の感がありました。


50SMAを天井に天井圏で推移していますが、少し前に新値足が陽転したことで、長いレンジ相場の下限が視野に入ってきます。


30分足のローソク足を見てみると、はっきりとした下降が少し続いてから、交互に並ぶ大陽線と小陰線の終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去1時間前までに酒田五法の明けの明星に見える様子があります。


単移動平均で傾向を見てみると下落状態と考えられます。


短期移動平均線が長期移動平均線より上で推移していて、どちらの平均線ともにはっきりとした上げ基調です。


取引の実績から判断すると、オーダーするべきかどうか迷ってしまいます。


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏辺りに下落したが、短期移動平均の天井のせいでトレンドが弱まった感じがあると思います。


こういう相場はあれやこれや悩まずオーダーをしていってみようと思います。


下限は一目均衡表の厚いクモや50SMAが天井として働いています。


明日の為替チャートの動きは細心の注意が必要です。


http://www.dendou.jp/fx/cyberagentfx/ 【サイバーエージェントFX】高機能取引ツールでFX取引

posted by ドッチー at 15:34| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。