2010年12月12日

両平均線ともに明らかな上昇トレンドです。

前の取引のマーケットインのGBP/JPYは円の売り価格で、やや買われ過ぎで買い有利の感がありました。


一目均衡表の遅行線を底に低い水準で推移していますが、終値が陰転したことで、短いボックス相場の高値が視野に入ってきます。


1時間足のローソク足から考慮すると、緩やかな上げ気味が少し続いた後、前の終値近辺で落ち着いた出会い線で、過去2時間前までに酒田五法で言うところの宵の明星に見えるひげが伺えます。


移動平均線から判断すると激しい下落と見受けられます。


50日平均線より短期平均が上で維持していて、両平均線ともに明らかな上昇トレンドです。


昨日までの成績から考慮すると、こういう相場は反射的に売買をしていこうと思います。


ボリンジャーバンドは1σ圏近辺に下落したが、50日移動平均のレジスタンスによってトレンドが弱くなった感があると思います。


こういう相場は反射的に売買をしていこうと思います。


必要証拠金の管理だけはきちっとやって、FX会社にロスカットを食らわないようにポジションを保っていきます。


【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【iPhone+FX】モバイルでFX取引するならiPhone+FXでiPhoneアプリの機能を比較

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。