2010年12月01日

短いボックス相場の上限が見えてきます。

前回の取引のエントリーはGBP/JPYが円まで上昇し、かなり買われ過ぎで売り有利の感がありました。


再び終値がデッドクロスしたことで、短いボックス相場の上限が見えてきます。


天井は一目均衡表の厚いクモや20SMAがサポートとして機能しています。


移動平均線で傾向を確認してみると明らかな暴騰状態にあります。


5日移動平均線が30日移動平均線より下部で移動していて、5日移動平均線ははっきりとした下降基調で、30日移動平均線ははっきりとした上昇トレンドです。


昨日までの経験から考慮すると、売買するべきか悩んでしまいます。


ボリンジャーバンドは2σ圏で移動し、50日移動平均線が支持線として移動したので、長期的に上値が重いチャートを認識できたと思います。


こういうチャートは強気で売買だと思います。


自動決済を受けないようにチャートの管理だけはしっかりとやって、持ち玉を保ち続けていきます。


【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【iPhone+FX】モバイルでFX取引するならiPhone+FXでiPhoneアプリの機能を比較

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。