2010年11月23日

やや売られ過ぎの感がありました。

前の取引のマーケットインは米ドル/円が円まで下落し、やや売られ過ぎの感がありました。


新値足が陰転したことで、長中期ボックス相場の天井が見えてきます。


1時間足のローソクチャートから判断してみると、下降気味が続いた後、小さな陽線と大きな陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去1時間前までに下げ三法に見えなくもない兆候が見えます。


移動平均で兆候を確認してみると下降と読めます。


30日平均線より短期移動平均線が上で推移しており、短期移動平均線は上げ基調で、30日平均線は緩やかな下降トレンドです。


先週の経験から考えると、とりあえず反射的に売買をしてみようと思います。


スローストキャスティクスでは、50%以上で陽転しているので、陽転してから出たローソク足の始値がちょうどいいタイミングです。


とりあえず反射的に売買をしてみようと思います。


来週以降の為替レートの動きは要注意です。


【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【iPhone+FX】モバイルでFX取引するならiPhone+FXでiPhoneアプリの機能を比較

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。