2010年11月08日

その後のチャートの始値がエントリーのタイミングです。

前の取引はエントリーから米ドル相場は円の値をつけており、若干売り時な気がしました。


一目均衡表の薄いクモをサポートに低い価格帯で推移していましたが、ローソク足がデッドクロスしたことで、長いレンジ相場の上限が視野に入ってきます。


あいかわらず、短期移動平均線を底に底値圏でもみ合いしていますが、終値が陰転したことで、短期レンジ相場の高値が見えてきます。


単移動平均から予測してみるとはっきりと下降状態と読めます。


10日移動平均線が30日移動平均線より上部で推移していて、両平均線ともにはっきりとした上昇トレンドです。


取引の結果から考慮すると、あれやこれや悩まず取引でOKだろうと思いました。


ストキャスティクスで考えると、50%以上でゴールデンクロスしているので、ゴールデンクロスしたら、その後のチャートの始値がエントリーのタイミングです。


あれやこれや悩まず取引でOKだろうと思いました。


今後以降の為替レートの動向は用心が必要です。


【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【iPhone+FX】モバイルでFX取引するならiPhone+FXでiPhoneアプリの機能を比較

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

posted by ドッチー at 15:34| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。