2010年10月17日

短期ボックス相場の下限が見えてきます。

前の取引はエントリーからGBP/JPYは円の値をつけており、三兵を示してありがちなローソクチャートを形成しました。


5分足のローソク足から考えてみると、緩やかな下げが少し続いてから、大陽線に続いて大きい陰線が現れる切り返しで、過去2時間中にに酒田五法の三法に見えなくもない足が伺えます。


一目均衡表の遅行線をレジスタンスに高い水準で移動していますが、新値足がゴールデンクロスしたことで、短期ボックス相場の下限が見えてきます。


あいかわらず、一目均衡表の遅行線をレジスタンスに高値圏で推移していましたが、少し前に新値足が陽転したことでレジスタンスを割り込むか注意が必要です。


昨日までの成績を考えると、オーダーすべきか悩みます。


ボリンジャーバンドは1σ圏辺りに下落したが、一目均衡表の厚いクモのレジスタンスのせいで方向性が強まった感があります。


この相場は心配せずにオーダーだと思います。


チャートのウォッチだけは堅実にやって、FX業者にロスカットされないように建て玉をキープしていきます。


【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。