2010年10月16日

明けの明星を示して奇妙なチャートを形成しました。

前回の取引のオープンのユーロ円は円の買い価格で、明けの明星を示して奇妙なチャートを形成しました。


30分足のローソクチャートから考えると、はっきりとした下落がしばらく続いた後、大きな陰線の後で小陽線が収束するはらみ線で、過去5時間前までに酒田五法で言うところの三山らしきひげが伺えます。


上値は一目均衡表の薄いクモや50SMAが底として動きました。


ひきつづき、長期移動平均を底に低い価格帯で推移していましたが、新値足がデッドクロスしたことで底を上回るかどうか注目されます。


今までの実績を判断すると、売買するべきか迷ってしまいます。


ストキャスから予想すると、50%以下の辺りでSDが%Kをクロスする直前で、陰転がもうすぐきそうです。


こういうチャートは勢いで売買だと思います。


無理して高値を狙って、負担になるような建て玉にだけはならないように気をつけたいと思います。


【法人口座】正しいFX 法人 口座の開設

【FXなら】FXの口座開設を徹底比較

【FX比較なら】あなたに合った口座をFX 比較して探す

【外為】FX 初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。