2010年10月11日

陰転してから出たチャート足の始値が売買の機会です。

朝のマーケットインはポンド/円が安値円まで下落し、買い時の感がありました。


5分足のローソクチャートから予測すると、はっきりとした下落気味がしばらく続いてから、安値が揃った毛抜き底で、過去3時間前までに酒田五法の宵の明星らしきひげが見えます。


高値は一目均衡表の分厚いクモや50日移動平均線がサポートラインとして機能しています。


再び新値足が陰転したことで底を突破するか注意しています。


今までの経緯から思うと、反射的にオーダーをしてみようと思いました。


ストキャスから判断すると、50%以下で陰転しているので、陰転してから出たチャート足の始値が売買の機会です。


反射的にオーダーをしてみようと思いました。


チャートの管理だけは確実にやって、自動決済されないように持ち玉を保ち続けていきます。


マネーパートナーズ

【FX】FXの口座開設を徹底比較

【外為】あなたに合った口座をFX比較して探す

【外為】FX初心者でも安心のFX徹底入門です。

【FX】注目のくりっく365の手数料を比較

海外FX

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。