2010年09月13日

その次の足の始値が取引の機会です。

昨日の取引のエントリーはユーロ/円が一時106.69円まで上昇し、その後106.69円まで売られ、かなり売られ過ぎでロング有利の感がありました。


一目均衡表の薄いクモをレジスタンスに高値圏で移動していましたが、値足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスを割り込むかどうか注目しています。


一目均衡表の遅行線を抵抗線に高値圏で移動していましたが、値足がゴールデンクロスしたことで、中期ボックス相場の安値が見えてきます。


移動平均線から判断すると激しい下落状態と読めます。


5日平均線が長期平均線より下部で推移しており、5日平均線は明らかな下落基調で、長期平均線は緩やかな上昇トレンドです。


今までの結果から判断すると、こういう相場は強気でオーダーでOKだと。


スローストキャスで判断すると、50%以下で陰転しているので、陰転したら、その次の足の始値が取引の機会です。


こういう相場は強気でオーダーでOKだと。


昨日の取引のユーロ/円相場はそうとう勢いが乏しいので今後は穏やかな展開になりそうです。


FXCMジャパン

マネーパートナーズ 口座

【FX】東京金融取引所が管理しているくりっく365でFXを始めよう。

海外FX口座開設

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。