2010年09月10日

長いレンジ相場の下値が視野に入ってきます。

朝のエントリーのユーロ/円は106.92円で、三空を示してありえないチャートを形成しました。


少し前にローソク足が陽転したことで、長いレンジ相場の下値が視野に入ってきます。


日足のローソク足から判断すると、明らかな上昇傾向が少し続いた後、終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去2時間前までに赤三兵に見える様子があります。


SMAで兆候を見てみると明らかな下げ状況と見受けられます。


短期移動平均線が長期平均より下部で推移していて、短期移動平均線ははっきりとした下げ気味で、長期平均は激しい上昇気味です。


取引の実績から思うと、エントリーした方が良いか悩みどころです。


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏近辺に割り込んだが、長期移動平均線の支持線のせいで方向性が強まった印象です。


こういう相場は強気でエントリーだと。


50日移動平均を天井に高い水準で移動していましたが、再び値足が陽転したことで、短期BOX相場の下値が視野に入ってきます。


とりあえずマイナスにならないように早いところ決済します。


マネーパートナーズ

サイバ FX

初心者 FX

海外FX口座

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。