2010年08月21日

30日移動平均線は上げ気味です。

昨日の取引のオープンは米ドル/円が安値85.03円まで下落し、ややショート有利の展開となりました。


5分足のローソクチャートから考えると、激しい下げ気味が少し続いた後、終値が激しい下げ気味の中心くらいまで下落したかぶせ線で、過去1時間中にに酒田五法で言うところの赤三兵のようなチャートが見えます。


上値は一目均衡表の遅行線や50日移動平均線が支持線として働きました。


再び新値足がデッドクロスしたことで支持線を突破できるかどうか注意が必要です。


移動平均線で傾向を確認してみると激しい上昇トレンド状況と読めます。


10日平均線が30日移動平均線より下部で維持しており、10日平均線は明らかな下降気味で、30日移動平均線は上げ気味です。


今までの経験を考慮すると、こういう相場はあれやこれや考えずオーダーをしてみようと思いました。


スローストキャスから考えると、50%以下で陰転しているので、陰転したら、その次のチャート足の始値が絶好のタイミングです。


こういう相場はあれやこれや考えずオーダーをしてみようと思いました。


証券会社にロスカットを受けないように元手資金の管理だけはしっかりとやって、ポジションを保っていきます。


FX マネックス

【外為】投資スタイルにあわせてFX比較する

【外為】FXの初心者でも安心のFX徹底入門です。

海外FX会社

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。