2010年08月09日

すぐに出た足の始値が売買の機会です。

前回の取引のエントリーはユーロ/円が一時113.53円まで下落し、少し買い時だったのではないかと思いました。


1時間足のローソク足から判断すると、激しい上昇気味が少し続いてから、終値の高値が揃った毛抜き天井で、過去2時間中にに酒田五法の三空のような兆候が伺えます。


あいかわらず、一目均衡表の薄いクモを天井に天井圏でもみ合いしていますが、再び新値足がゴールデンクロスしたことで、短期レンジ相場の安値が視野に入ってきます。


少し前に値足が陽転したことでレジスタンスラインを割り込むかどうか注意が必要です。


取引の成績を判断すると、そのときはあれやこれや考えず売買でOKだろうと思いました。


スローストキャスで判断すると、50%以上で陽転しているので、陽転して、すぐに出た足の始値が売買の機会です。


そのときはあれやこれや考えず売買でOKだろうと思いました。


前回の取引のユーロ/円は方向感が乏しいので今月は激しい相場になりそうです。


【FX比較】FXを始めるならしっかりとFXの口座を比較して賢く取引しよう.

外為オンライン 口座

初心者 FX

海外FX口座開設

posted by ドッチー at 18:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。