2010年07月18日

多少売られ過ぎの感がありました。

昨夜の取引のエントリーは米ドル円が86.39円まで下落し、その後は86.8円まで買い戻され、多少売られ過ぎの感がありました。


高値は一目均衡表のクモや20日移動平均がサポートラインとして推移しました。


5分足のローソク足から予測すると、緩やかな上昇トレンドが長く続いてから、前の終値から大きく下落した出会い線で、過去3時間以内に酒田五法で言うところの三川らしき兆候があります。


単移動平均で傾向を見てみると明らかな下げ状況にあります。


50日平均より5日平均線が下部で移動しており、両平均線ともに激しい下落基調です。


あいかわらず、短期移動平均をサポートラインに低い価格帯でもみ合いしていますが、少し前に新値足がデッドクロスしたことで、長中期ボックス相場の上限が見えてきます。


来週のレートの状況は要注目です。


FX 1000通貨

外為オンライン

初心者のためのFX入門

海外FX比較

posted by ドッチー at 15:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。