2010年07月01日

長期移動平均線は緩やかな下降基調です。

前回の取引のエントリーのポンド円は133.04円の売り価格で、少し売り時だったのではないかと思いました。


少し前にローソク足がデッドクロスしたことで、中期レンジ相場の上値が見えてきます。


30分足のローソクチャートから考えてみると、緩やかな下落基調が少し続いてから、交互に並ぶ大きい陽線と大陰線の終値の安値が揃った毛抜き底で、過去1時間中にに酒田五法で言うところのヘッドアンドショルダーに見えるチャートが伺えます。


単移動平均で兆候を見てみると下落状態と見受けられます。


5日移動平均線が長期移動平均線より上で移動していて、5日移動平均線は上げ基調で、長期移動平均線は緩やかな下降基調です。


今までの経緯から思うと、こういうチャートはあれこれ心配せずにオーダーをしてOKだろうと。


ストキャスティクスで予想すると、50%以上でゴールデンクロスしているので、ゴールデンクロスしてから出たローソクの始値が絶好の機会です


こういうチャートはあれこれ心配せずにオーダーをしてOKだろうと。


あいかわらず、短期移動平均を底に低い価格帯で移動していますが、少し前にローソク足が陰転したことで底を上回るか注目しています。


それほど損がを増えないうちにタイミングを見計らって決済するつもりです。


外為オンライン

posted by ドッチー at 02:34| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。