2010年06月27日

50SMAの底のせいで方向性を失った印象です。

昨夜の取引のオープンはEUR/JPYが一時109.59円まで下落し、その後は110.83円まで買い戻され、三空を示して解りやすいローソクチャートを形成しました。


1時間足のローソク足から予測すると、明らかな上昇が続いた後、交互に並ぶ大陽線と大きい陰線の終値の安値が揃った毛抜き底で、過去2時間の中に三兵のひげが伺えます。


あいかわらず、一目均衡表の厚いクモをサポートに底値圏で移動していますが、再び新値足がデッドクロスしたことで、中期BOX相場の天井が見えてきます。


天井は一目均衡表の遅行線や50SMAが支持線として動きました。


移動平均線で様子を見てみると激しい暴騰相場といえます。


短期平均線が20日移動平均線より下部で移動しており、短期平均線は明らかな下落傾向で、20日移動平均線は激しい上昇気味です。


今までの経緯を思うと、エントリーした方が良いかどうか迷います。


ボリンジャーバンドは-1σ圏に上昇したものの、50SMAの底のせいで方向性を失った印象です。


こういうチャートはあれやこれや心配せずにエントリーでいってみようと。


必要証拠金管理だけはしっかりやって、証券会社にロスカットを受けないように持ち玉を保ち続けていきます


FX 口座

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。