2010年06月26日

短期ボックス相場の高値が見えてきます。

昨日のエントリーは米ドル円が89.74円まで上昇し、その後は89.22円まで売られ、やや売り時だったのではないかと思いました。


日足のローソクチャートから判断してみると、激しい上昇傾向が続いた後、前の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去1時間前までに三空叩き込みのようなひげが伺えます。


ひきつづき、20SMAをサポートに底値圏で移動していましたが、再び終値がデッドクロスしたことで、短期ボックス相場の高値が見えてきます。


ボリンジャーバンドの+2σをサポートラインに底値圏で推移していましたが、終値が陰転したことでサポートラインを突破できるかどうか注目です


取引の成績から考慮すると、オーダーした方が良いか迷いどころです。


ボリンジャーバンドは買われ過ぎ圏辺りに突き抜けたが、20SMAの支持線のせいでトレンドを失った様子といえます


そのときはあれこれ悩まずオーダーだと思います。


昨日の米ドル円相場はかなり予想が難しいので今月はゆるいマーケットになりそうです。


FX 比較

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。