2010年06月19日

長中期BOX相場の上限が見えてきます。

朝のマーケットインはUSD/JPYが安値90.49円まで下落し、多少買い時だったのではないかと思いました。


高値は一目均衡表のクモや短期移動平均線が支持線として動いています。


1時間足のローソクチャートから考慮すると、はっきりとした上げが少し続いてから、陰線の後に陽線が収束するはらみ線で、過去1時間中にに酒田五法で言うところの三空叩き込みに見える様子が伺えます。


移動平均線で傾向を確認してみると激しい下げ状況と見受けられます。


長期平均より5日平均が上で移動していて、5日平均は上昇基調で、長期平均は明らかな下げ気味です。


取引の実績から思うと、とりあえずあれやこれや迷わず売買だと。


ボリンジャーバンドは1σ圏近辺に下落したものの、長期移動平均線のレジスタンスラインのために方向性が無くなった感があります


とりあえずあれやこれや迷わず売買だと。


再び値足が陰転したことで、長中期BOX相場の上限が見えてきます。


証券会社にロスカットを食らわないように相場のウォッチだけは確実にやって、ポジションをキープしていきます。


【外為】FX初心者でも安心のFX徹底入門です。

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。