2010年06月15日

取引するべきかどうか心配になってしまいます。

前の取引のマーケットインのUSD/JPYは91.64円の買い価格で、少し売り有利のマーケットとなりました。


底値は一目均衡表の転換線や50日移動平均線がレジスタンスとして働きました。


日足のローソクチャートから考慮すると、緩やかな上昇気味がしばらく続いた後、大きな陽線と大陰線が交互に並ぶ毛抜きで、過去1時間中にに宵の明星らしき足が見えます。


SMAで様子を見てみると激しい上げ相場と考えられます。


20日移動平均線より短期平均線が上部で推移していて、両平均線ともにはっきりとした上げ気味です。


取引の経験から思うと、取引するべきかどうか心配になってしまいます


ストキャスから考えると、売られ過ぎ圏は下落しているものの、引き続き底値を試す相場が高まってくるでしょう。


こういうチャートは勢いで取引でOKだと思いました。


この後の為替チャートの動向は注目です。


FX

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。