2010年06月09日

どちらの移動平均線ともはっきりとした下げ基調です。

昨日の取引のマーケットインはポンド/円が安値130.61円まで下落し、その後133.46円まで買い戻され、少し買い時だったのではないかと思いました。


5分足のローソク足を見てみると、激しい下降トレンドがしばらく続いてから、終値が激しい下降トレンドの真ん中付近まで下落したかぶせ線で、過去2時間以内に三川に見えなくもない兆候があります。


あいかわらず、長期移動平均線を支持線に安値圏で推移していますが、再び終値がデッドクロスしたことで、短期ボックス相場の高値が見えてきます。


終値がデッドクロスしたことで底を上回るか注目しています。


単移動平均から考慮してみると緩やかな下落相場と読めます。


短期移動平均線が20日移動平均線より下で推移していて、どちらの移動平均線ともはっきりとした下げ基調です。


過去の成績を判断すると、オーダーするべきか悩みます。


ボリンジャーバンドは-2σ圏辺りで推移し、一目均衡表の分厚いクモがサポートとして働いたことで一時的に上値が重い状況を確認しました


このチャートは反射的にオーダーをしてみようと。


下手にナンピンを狙い過ぎて、損害になるような建て玉にはならないように気をつけたいと思います。


フォーランド チャート

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。