2010年06月05日

一時的に上値の重さを確認しました。

朝の取引のエントリーのポンド相場は135.09円の売り価格で、かなり売り時でロング有利の感がありました。


ボリンジャーバンドの+2σを支持線に低い水準でもみ合いしていましたが、少し前に終値がデッドクロスしたことで、中期BOX相場の上限が視野に入ってきます。


5分足のローソク足から考えると、はっきりとした下げが少し続いてから、前の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去2時間以内に酒田五法で言うところの明けの明星らしき兆候があります。


単移動平均で兆候を確認してみると緩やかな下落と考えられます。


短期平均線が50日移動平均線より上部で維持しており、短期平均線は激しい上げ気味で、50日移動平均線は激しい下げ基調です


昨日までの実績から考慮すると、こういう相場はあーだこーだ心配せずにオーダーだと思います。


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏辺りで推移して、50日移動平均線が抵抗線として機能したので、一時的に上値の重さを確認しました。


こういう相場はあーだこーだ心配せずにオーダーだと思います。


上限は一目均衡表の転換線や20SMAが底として機能しています。


とりあえず損害がを増えないうちに機会を見計らって決済するつもりです。


FXの殿堂

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。