2010年06月02日

長中期BOX相場の高値が視野に入ってきます。

前回の取引のエントリーは米ドル/円が91.39円まで上昇し、その後は90.57円まで売られ、かなり買われ過ぎではないかと思いました。


あいかわらず、一目均衡表のクモを底に低い水準で推移していましたが、少し前にローソク足が陰転したことで、長中期BOX相場の高値が視野に入ってきます。


30分足のローソクチャートを確認してみると、明らかな上昇気味がしばらく続いた後、陰線が明らかな上昇気味の真ん中付近まで近づいたかぶせ線で、過去1時間以内にヘッドアンドショルダーのひげが見えます。


移動平均線から予想すると明らかな上昇状況と見受けられます。


長期平均線より5日平均が下で移動しており、5日平均は激しい下降気味で、長期平均線は緩やかな上げ基調です。


今までの成績を判断すると、エントリーすべきか悩みどころです。


ストキャスティクスから予測すると、50%より下で陰転しているので、陰転して、すぐに出たローソク足の始値がちょうどいいタイミングです。


そのときはあれやこれや心配せずにエントリーだと思います。


ひきつづき、20SMAをサポートに底値圏で推移していましたが、少し前に値足がデッドクロスしたことでサポートを越えるか注目です。


それほど損をしないところで早々に決済するつもりでいます。


【FX比較】FXの口座開設なら詳細な情報が満載のFXの殿堂.

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。