2010年06月01日

長いボックス相場の天井が見えてきます。

昨夜のオープンはUSD/JPYが一時安値90.91円まで下落し、少し買われ過ぎの感がありました。


1時間足のローソクチャートから予想すると、明らかな下落気味がしばらく続いてから、終値が明らかな下落気味の中腹付近まで近づいたかぶせ線で、過去4時間中にに上げ三法に見える兆候が伺えます。


ひきつづき、短期移動平均をサポートに低い価格帯で移動していましたが、少し前に値足がデッドクロスしたことで、長いボックス相場の天井が見えてきます。


ひきつづき、一目均衡表の基準線を底に低い価格帯でもみ合いしていますが、終値が陰転したことで、短期BOX相場の上限が見えてきます


移動平均で傾向を確認してみると緩やかな上げと読めます。


20日移動平均線より5日移動平均線が下で推移していて、どちらの平均線も緩やかな下落傾向です。


取引の実績から判断すると、そのときは反射的にエントリーをしてみようと思いました。


ストキャスティクスから考えると、50%以下で陰転しているので、陰転して、その次に出たチャートの始値が絶好の機会です。


そのときは反射的にエントリーをしてみようと思いました。


FX業者にロスカットを受けないように必要証拠金管理だけはしっかりとやって、建て玉を保ち続けていきます。


FXの口座開設を徹底比較

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。