2010年05月31日

50日移動平均線のレジスタンスラインのせいで方向性が弱まったといえるでしょう。

昨日のオープンはUSD/JPYが安値91.05円まで下落し、売られ過ぎな気がしました。


値足が陽転したことでレジスタンスを下回るか注目です。


1時間足のローソク足から考慮すると、上昇傾向が続いた後、終値の安値が揃った毛抜き底で、過去2時間の中に酒田五法で言うところの三山に見えなくもない様子が伺えます。


単移動平均で傾向を確認してみると激しい下げといえます。


50日平均より5日移動平均線が上で推移しており、5日移動平均線は緩やかな上げ基調で、50日平均は激しい下げ基調です


先週の経緯から思うと、こういう相場はあーだこーだ迷わず取引だと思いました


ボリンジャーバンドは-2σ圏辺りに割り込んだが、50日移動平均線のレジスタンスラインのせいで方向性が弱まったといえるでしょう。


こういう相場はあーだこーだ迷わず取引だと思いました。


昨日のUSD/JPYはそうとう方向感が乏しいので今月は激しい相場になりそうです。


FXの殿堂

posted by ドッチー at 02:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。