2010年05月26日

長いボックス相場の天井が視野に入ってきます。

前回の取引のオープンはUSD/JPYが安値89.33円まで下落し、その後は90.54円まで買い戻され、多少売り時で買い有利の感がありました。


1時間足のローソクチャートを確認してみると、下降傾向がしばらく続いてから、陰線が陽線の中腹あたりまで近づいたかぶせ線で、過去2時間前までに三川に見えるチャートが伺えます。


ひきつづき、短期移動平均をサポートに安い価格帯で移動していますが、再び終値がデッドクロスしたことでサポートを越えるか注目しています。


あいかわらず、短期移動平均線を支持線に低い水準で移動していますが、再び新値足がデッドクロスしたことで、長いボックス相場の天井が視野に入ってきます。


先週の成績から思うと、オーダーした方が良いかどうか迷います。


ボリンジャーバンドは買われ過ぎ圏近辺でもみ合って、短期移動平均線が支持線として推移したので、短期的に底堅さを認識できました。


そのときはあれこれ迷わずオーダーをして問題ないだろうと。


無理して上限を狙い過ぎて、含み損になるようなポジションにはならないように気をつけたいと思います。


【FX比較】FXの比較

posted by ドッチー at 06:23| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。