2010年05月06日

長いBOX相場の安値が視野に入ってきます。

前の取引のマーケットインはユーロ円が123.29円まで上昇し、多少買い時で買い優勢の感がありました。


日足のローソクチャートを見てみると、激しい下降気味が長く続いてから、前の終値近辺で落ち着いた出会い線で、過去1時間中にに下げ三法に見えなくもない様子があります。


一目均衡表のクモを抵抗線に高い価格帯でもみ合いしていましたが、再び終値が陽転したことで、長いBOX相場の安値が視野に入ってきます。


再びローソク足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスラインを割り込むかどうか要注意です。


移動平均線から判断すると激しい上げ状況と読めます。


50日平均線より10日平均が下部で維持していて、10日平均ははっきりとした下げ基調で50日平均線は激しい上げ気味です


取引の実績から考えると、このチャートはあーだこーだ心配せずに取引だと思いました。


ストキャスティクスで予測すると、50%以下で陰転しているので、陰転して、その次に出た足の始値がエントリーのタイミングです。


このチャートはあーだこーだ心配せずに取引だと思いました。


前の取引のユーロ円相場は少し予想が難しいのでしばらくは注意が必要な相場になりそうです。


posted by ドッチー at 15:36| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。