2010年04月27日

多少売られ過ぎでショート優勢の感がありました。

昨夜の取引のオープンのユーロ円は125.75円で、多少売られ過ぎでショート優勢の感がありました。


高値は一目均衡表の基準線や短期移動平均線が底として機能しています。


30分足のローソクチャートだと、明らかな上昇基調が長く続いた後、前の終値近辺で落ち着いた出会い線で、過去1時間中にに酒田五法の三兵のような足があります。


移動平均線だと緩やかな上昇状況と見受けられます。


10日移動平均線が長期移動平均線より下部で推移しており、両方とも下げ基調です。


先週の経緯を判断すると、オーダーするべきか迷います


スローストキャスティクスから予測すると、50%より下でデッドクロスしているので、デッドクロスして、すぐに出たチャートの始値が絶好のタイミングです


こういうチャートはあれこれ悩まずオーダーだと。


無理して底値を狙い過ぎて、負担になるようなポジションにだけはならないように気をつけようと思います。


posted by ドッチー at 02:34| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

今回は強気でエントリーで問題ないだろうと。

一昨日のエントリーはポンド円が144.45円まで上昇し、その後は144.45円まで売られ、若干売り時な気がしました。


20SMAを抵抗線に天井圏で推移していましたが、再び新値足が陽転したことで、中期レンジ相場の底値が見えてきます。


一目均衡表の厚いクモをレジスタンスに高い水準で移動していますが、再びローソク足が陽転したことで、短期ボックス相場の下限が視野に入ってきます。


移動平均線で様子を見てみると下げ相場と見受けられます。


30日平均より短期平均線が下で推移していて、どちらの平均線ともに下降傾向です。


先週の結果から思うと、今回は強気でエントリーで問題ないだろうと。


ボリンジャーバンドはセンターバンド辺りでもみ合って、50SMAがサポートラインとして移動したことで、長期的に底堅い展開を確認しました


今回は強気でエントリーで問題ないだろうと。


来週以降の為替相場の値動きは細心の注意が必要です。


posted by ドッチー at 02:34| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。