2010年03月19日

中期レンジ相場の天井が見えてきます。

朝のエントリーはポンドが133.48円まで下落し、多少売り有利の展開となりました。


上値は一目均衡表の基準線や長期移動平均線がサポートとして働いています。


日足のローソクチャートから判断すると、上昇基調が少し続いた後、陰線が上昇基調の真ん中あたりまで下落したかぶせ線で、過去2時間前までに三川らしき傾向が見えます。


移動平均線で傾向を確認してみると緩やかな下げと考えられます。


長期移動平均線より短期平均が上部で維持していて、短期平均は明らかな上昇トレンドで、長期移動平均線は緩やかな下降トレンドです


取引の経験を考慮すると、売買するべきか心配になります。


ストキャスでは、50%以上で陽転しているので、陽転したら、その後のチャート足の始値がエントリーのタイミングです。


こういう相場は強気で売買でOKだと。


少し前に終値が陰転したことで、中期レンジ相場の天井が見えてきます


FX会社に自動決済されないように口座資金の管理だけはしっかりとやって、ポジションをキープしていきます。


posted by ドッチー at 21:27| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。