2010年01月07日

50日平均は緩やかな上昇トレンドです。

昨夜の取引のエントリーは米ドル円が一時93.46円まで上昇し、その後0円まで売られ、売り時な気がしました。


日足のローソク足から判断してみると、激しい下落基調が長く続いた後、終値の安値が揃った毛抜き底で、過去4時間前までに酒田五法の下げ三法の足があります。


ローソク足が陽転したことでレジスタンスラインを割り込むかどうか注目です。


下値は一目均衡表の分厚いクモや20日移動平均線が抵抗線として移動しています。


移動平均では上昇トレンド状態といえます。


50日平均より5日平均線が下で推移しており、5日平均線は明らかな下落傾向で、50日平均は緩やかな上昇トレンドです。


昨日までの成績から考慮すると、そのときは考えず取引だと。


ボリンジャーバンドは売られ過ぎ圏でもみ合って、一目均衡表の分厚いクモが支持線として働いたことで、短期的に底堅さを認識した感じです


そのときは考えず取引だと。


昨夜の取引の米ドル円相場は少し方向性がないので今週は穏やかなマーケットになりそうです。


posted by ドッチー at 19:33| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。